千成亭のあゆみ
千成亭の歩みINDEX 昭和前期 昭和後期 平成
昭和40年
■近江牛肉の供給拠点として、大型枝肉冷蔵庫を併設した平田店を開店
昭和42年
■彦根地方総合卸売市場に市場店を開店
昭和44年
■「株式会社 千成亭」として法人設立
昭和46年
■橋本店を改築し3階建ての千成亭ビル開店。1階を精肉販売、2階・3階に近江牛肉料理専門レストラン千成亭を開店
すき焼き・しゃぶしゃぶ・ステーキをはじめ、名物「牛トロ握り」は、ご好評をいただいております。
昭和61年
■創業以来、長年培ってきた食肉加工技術を深めるため本場ドイツの製法を学び、新鮮な原料肉とザルツ(塩)の微妙なバランスで支えられた本物のハム・ソーセージを「マイスターヴェルク」ブランドとして製造販売いたしております。
tenpo_head.png